自己紹介 FX投資ブログ※FX初心者がお給料以外に月収30万計画

月利3〜5%で資産を増やすFX手法

月利3〜5%で資産を増やすFX手法

新たな稼ぐ実践会募集開始!

会社勤めをしながら資産を増やす方法
2011年01月24日

ある本との出会いが人生を変えた

前回に引き続き、僕の人生の経緯について
書いていきたいと思います。

FXに関する内容ではないので、興味のない方は
読み飛ばしていただいて結構です。

今回は大学時代〜現在までの様子です。


大学時代

栃木県の宇都宮大学に進学することになりました。

実家からは8時間以上もかかるところで
一人暮らしの生活です。

大学時代は経済的な理由で、男子寮に入りました。

8畳の一人部屋で、トイレ、お風呂、炊事場などは
共同でした。

光熱費込みで月1万円だったので、すごく助かりましたね。

入寮時の儀式で、最初は先輩たちに酒を飲まされたりして、
人間関係に慣れるのが大変でした。

ただ親元を離れたということもあり、
その開放感は最高でした。

大学時代は国際関係について学びました。

3年生の時には、国際協力を学ぶ研究室に所属し、
NGOの活動に参加したりしました。

研究テーマは「中国の豚銀行」というものです。

豚銀行では、貧しい農家に2匹の子豚を貸し付けます。

農家ではその子豚を育て、大きく成長させ、
子豚を産ませます。

豚は多産なんですね。

例えば10匹の子豚を産んだとしたら、
豚銀行に借りた2匹を返せば、残りの子豚8匹は
自分のものになります。

豚は売ればお金になりますし、
食料としても重宝されます。

ちなみにインドには、「牛銀行」「米銀行」などもあります。

1998年、1999年には夏休みを利用して、
タイに1ヶ月間滞在しました。


当時はちょうどタイの通貨バーツが大暴落していて、
物価がすごく割安でした。


タイは日本と同じ仏教の国だし、食べるものも口に合ったので
快適に過ごすことができました。

バックパッカーとして安宿を渡り歩き、
沢木耕太郎の「深夜特急」を心のバイブルにして、
バンコク、アユタヤ、チェンマイなどを転々としました。

大学時代は「ワンダーフォーゲル部」という部活に
4年間所属しました。


何をする部活かと言うと、山登りをしたり、
自転車でテントを持って旅をしたり、
南の島でサバイバル生活をする集まりです。

「ワンダーフォーゲル部」というと、ちゃらいイメージの
学校もあるようですが、うちの学校は違いました。

40年以上の歴史があり、本格的に登山をするために
組織された部活だったのです。

週3回の厳しい体力トレーニング、
深夜にまで及ぶ緻密な登山計画、
上下関係をハッキリさせるために行う、理不尽な飲み会。


1年生は僕と同じように、登山経験がない人が多く、
受験勉強で体力が衰えていました。

その体と根性を山男にするために徹底的に鍛え上げる
トレーニングだったので、吐きそうなくらい辛かったです。

1年生の間は、基礎体力をつけること、
そして登山に必要な技術を身に付けることに
専念させられました。

テント設営、コンロの安全な取り扱い、地形図の読み方、
天気図の書き方、荷物のつめ方、医療の基本的な知識、
栄養学、行動食の選び方、装備のメンテナンス方法など。

大地震が起こって街が破壊されても
生き残れるくらいの知識と経験を身に付けました。

春と秋には、東北の山を中心に登りました。

栃木の日光連山、那須岳、
福島の安達太良山、磐梯山、会津駒ケ岳、
群馬の谷川岳、燧ケ岳

夏には10〜14日の合宿で、
飛騨山脈(北アルプス)の山々を登りました。

30kg以上の荷物を背負って行きました。

冬には山スキーパーティーで、
山形の蔵王山などの山頂から
スキーで滑り降りたりしました。

樹氷の脇にテントを張って、寝泊りしましたね。

外は氷点下30度の世界。

夜天気がいいと、月明かりに照らされた雪景色が
ビックリするくらい幻想的でした。

朝テントの中で起きると、夜降った雪が
目の前まで押し寄せてくるときもありました。

彼女もできたし、旅行や登山などいろんな経験ができたので、
大学時代は思い出深いです。

卒業旅行には、バイクで沖縄を一周しました。

日本中を旅している旅行者や、
沖縄に出稼ぎに来ている人。

ユニークな人とたくさん出会いました。


社会人時代

僕の20代は、極めて落ち着きのない時代でした。

コンサート業、調理師、陶芸家、航空機メーカーなど
計5回の転職を経験しました。


自分で作った焼き物を、全国各地で
売り歩いていた時期もあります。

一貫性のない、職歴の数々・・・

間違いなく同級生の中で、一番履歴書を汚した人間の
一人でしたね。

カネなし、コネなし、持続力なしで
親も呆れ果てていました。

何も実力がないくせに、威勢だけは良かったんですね。

月給13万円、3万円のアパートで一人暮らし
していたときは、「このまま死んだら、誰も気づかないんだろうな」
と思ったこともあります。

理想と現実のギャップに、一人で悶々としていました。

常に自分一人で出来ることを探していた感じです。

会社の人間関係やルールに、
積極的に馴染もうとしませんでした。


あるとき、本屋で偶然手に取った本が、
僕の人生の方向性を変えました。

「金持ち父さん 貧乏父さん」との出会いです。

サラリーマンは自分の労働時間を対価に、
お金を保証してもらう立場。

収入を自由にコントロールできず、
会社の経営状態によってクビを切られるかもしれない、
とても不安定な立場。

お金の保証を会社に預けてしまえば、
自分の弱みを会社に握られることになる。


管理職の人たちは、お金のためにやりたくない仕事を続け、
嫌いな人たちとも付き合わなければいけないから、
ストレスを抱え、若くしてヤツれてしまうのではないか。

当時はそんな風に周りを見ていました。

お金がすべてではない事は分かっている。

でもお金の保証を会社に預けたままでは、
常にストレスと不安に苛まれる人生になる可能性が高い。


そんな人生は嫌だ!!

だから僕は、「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んでから、
投資家やビジネスオーナーになることを目標にしました。

自分でお金を稼ぐスキルを身に付ける決意をしました。

目標が決まってからの行動は早かったです。

関連書籍を読んだり、成功者の人とコンタクトを取って
実際に会いに行きました。

仕事以外の時間は、あらゆるノウハウを試すために費やしました。

2007年には、本格的にFX投資をスタートしました。

サブプライムショック、
リーマンショック、
ドバイショック、
ギリシャショック

あらゆるショックで何度も失敗を経験しましたが、
2009年にトラリピに出会ってからは、安定した利益を
得られるようになりました。

2010年にはこれまでの努力が実ったのか、
いいことづくめの1年でした。

2月には、書籍の出版が決定。

8月には、テレビ東京のワールドビジネスサテライトで
「円高でも利益をあげる投資家」として紹介
されました。

また10月には、宝島社の『今すぐ受けたいFX授業』で
記事が紹介されました。

「マネー力を身につけたサラリーマンが増えれば、
日本はもっと元気になる!」
をモットーに、
サラリーマンでも成功できる資産運用について
試行錯誤を続けています。

プライベートでは、2009年10月に結婚。

結婚後は夫婦で海外旅行を満喫。

韓国、ギリシャ、イタリア、アメリカを旅しました。

奥さんは専業主婦ですが、経済的には問題なく
生活ができています。

僕は現在もサラリーマンを続けながら、
複数の収入源を維持しています。

お金に関して人一倍危機感を持ち、
入念なライフプランを立てて行動し続けてきたことが、
今の結果につながっていると思います。


------------------------------

16歳のときに実家が倒産し、両親が離婚したことで、
僕の中に「ある価値観」が芽生えました。

それは、「人生では、自分の力ではどうにもできないことが起こる」
ということです。

両親には離婚して欲しくなかったし、
家族とはいつまでも一緒に過ごしたかった。

どんなに願っても、それは叶わなかったのです。

だから社会人になってからは、何が起こってもいいように、
準備をしておこうと思いました。

会社が倒産しても、国が破綻しても、
自分の力ではどうにもできないことが起こっても、
生き残れる術を身に付けようと決めたのです。


これまで、同世代の人の数倍の危機感を持って、
スキルアップに取り組んできました。

それが結果を生む原因になったのかもしれません。

僕はできることなら、自分が思ったとおりの
人生を歩みたいと思っています。

一度きりの人生。

我がままと言われようとも、自分の信念を貫きます。

世間体を気にしたり、世間の常識にとらわれている間に、
人生はあっという間に終わってしまうのです。

お金を稼ぐこと、資産を築くことは、
誰もが取り組まなければならない必須事項です。

なぜなら、お金の心配をしなくて済む人生は、
あらゆる意味で豊かだからです。

僕は自分の人生を通して、
そのことを証明しようと思います。
2011年01月22日

お金の大切さに目覚めた幼少期の体験

いよいよ、本の出版日が迫ってきました。

アマゾンなどのネット書店で購入できるのは、
1月24日になる予定です。


また、改めて告知させていただきます。

今回は、僕の人生の経緯について
書いていきたいと思います。

本が出版されるということもあり、
どんな人間が書いたのか、知ってもらったほうが
内容にリアリティーが生まれると思ったからです。

FXに関する内容ではないので、興味のない方は
読み飛ばしていただいて結構です。

2回に分けてご紹介していきますが、
今回は幼少期〜高校時代までです。


幼少期

1978年生まれ。
岐阜県高山市出身。


観光地として有名な「飛騨高山」というところで
生まれ育ちました。


兄弟は1つ下の弟が一人の、二人兄弟です。

実家は4階建ての観光ホテルを経営していました。

祖父は経営者であり、市議会議員をしていたので、
地元では名前が知られていました。

3世代家族だったので、小さい頃は何不自由なく
ワンパクに遊びまわっていました。

この頃の写真を見ると、祖母と沖縄に行ったり、
家族で小豆島に行ったりしていたようです。

当時はファミコンが流行っていて、
家で友達を呼んで毎日のようにゲームしていました。

「ゼビウス」とか「スーパーマリオ」とかです。

小学校のときは、サッカークラブに所属していました。

メキシコ五輪で銅メダルを獲得した釜本邦茂さんに
指導を受けたこともあります。


サッカーは楽しかったのですが、クラブの先輩と
ソリが合わずによくケンカしました。

結局クラブに居づらくなって、
サッカーはやめてしまいました。

その後は機械体操や将棋部などに所属しました。

小学校時代が僕の人生で一番のモテ期でしたね。

バレンタインの時には、最高で10個くらい
チョコレートをもらったことがあります。

一番好きな子にもらったチョコレートは、
食べずに6年間くらい机に保管していました。


当時は「光ゲンジ」が大ヒットしていて、
クラスの女の子はキャーキャー騒いでいました。

ほんと、光ゲンジが憎かったですね。
早くいなくなればいいのに、と強く思いました。

ミニ四駆にすごくはまった時期もありました。

寝る間を惜しんで、タイヤを削ったり計量化に
励んだりしていました。

おもちゃ屋さんのミニ四駆大会では、よく上位に入賞して
景品をもらいました。

また、エアガンにもはまっていて、2000円くらいのを購入して、
友達と裏山でサバイバルごっこをしました。

映画の主人公になったつもりで、BB弾を乱射して
走り回っていたのは記憶に新しいです。

おもちゃ屋さんで、よくツケで商品を購入し、
後で請求書が親に回って、かなり叱られたりしました。


中学校時代

小学生のときは2クラスしかなかったのに、
中学では6クラスになったので、人が多いのにビビッて、
人とあまり話さない内気な性格になりました。

中学のときは、悪友とつるんで、
よくマージャンに明け暮れていました。


週末、友達の家に泊り込んで、
徹夜でやっていたこともあります。

感情的になるのが悪い癖で、
負けることが多く、カモにされていました。

お小遣いが月3000円だったのに、1回で5000円とか
負けることがよくありました。


この頃に「俺はギャンブルに弱い」ということが、
ハッキリ分かり、足を洗いました。

勉強はそこそこ点数を取れました。
案外要領よくこなしていたと思います。

特に、暗記するだけで高得点が取れた、
英語が好きでしたね。


同じクラスで好きな女の子がいたのですが、
なかなか告白できずに、悶々とした日々が続きました。

卒業式のときにようやく告白できたのですが、
フラレてしまいました(>_<)

「東京ラブストーリー」というテレビドラマを観て、
告白する気持ちを高めていったのですが、ダメでしたね。

中学校時代の友達とは仲が良くて、
大人になってもつるんでいます。

青春を謳歌したと思います。


高校時代

酒井美紀さん主演のTVドラマ『白線流し』は
知っていますか?

『白線流し』というのは、卒業式のときに
卒業生の帽子の紐、そしてセーラー服のスカーフを
結びつけて、川に流す行事です。

『白線流し』は僕が通った高校の伝統行事で、
ドラマの撮影にもきました。


高校時代は、あまりいい思い出がありません。

16歳のときに、実家のホテルが倒産し、
両親は離婚、母方のおばあちゃんの家で
母親、弟と一緒に生活するようになりました。


高山は人口6万人程度の小さい街なので、
ホテル倒産の話などは、あっという間に広がりました。

精神的にふさぎ込み、学校でもあまり目立たないように
過ごしました。

両親がいて、無邪気にはしゃいでいるクラスメイトを見て、
すごくうらやましいと思いました。

思春期でしたが、あまり母親に反抗したという
記憶はありません。

家族4人で協力して生きていかないと
ダメだと感じていました。

一応進学校だったので、大学受験に向けて
勉強をしました。

親には悪いけど、高山の居心地の悪い環境から
一刻も早く出たいという思いで、
受験勉強に励みました。

大学は、経済的な理由から、
国公立一本に絞りました。

浪人するお金もなかったので、
背水の陣でのぞみました。

運よく、栃木県の国立大学に合格しました。

合格通知が届いたときは、
飛び上がるほどうれしかったことを覚えています。

高校時代は、郵便配達のアルバイトにも
精を出しました。

ためたバイト代で、10万円のマウンテンバイクを
購入しました。

そのマウンテンバイクは、15年後の今でも
乗り続けています。

-----------------------------

自分の過去を振り返ると、
切なくなるときがあります。

父方の家族は、高山を離れて広島に住んでいるのですが、
年に1回は会いに行っていました。

2009年7月には、結婚の報告をするために、
広島の家族に会いに行きました。

うちの奥さんは中学時代の同級生なのですが、
お互いよく家族の話をします。

いろいろと事情をよく理解してくれるので、
とても安心しますね。

僕がお金を稼ぐことに目覚めたのは、
幼少期の体験があったからだと思います。


自営業だったので、経営に苦しくなると、
共通の話題は資金繰りのことでした。

祖父や親がよく資金繰りに奔走していたのを
よく思い出します。

経済的にゆとりがなくなると、家族の関係も
冷たくてぎくしゃくしたものになる。


子供ながらにも、緊張感みたいなものが
ハッキリと伝わってきました。

「お金に困らない人生を送る」というのは、
僕のポリシーの一つになっています。

経済力を身に付けて、毎日ゆとりを持って暮らしたい。

将来子供が生まれたら、好きなことをやらせてあげたい。
そして、十分な教育を受けさせてあげたい。

子供には、僕ができなかった留学を
本人が望めば体験させてあげたいと思っています。

「お金を稼ぐこと」は「本気で人生を生きること」に
つながると信じています。

タグ:お金を稼ぐ
2008年03月12日

FX投資ブログ|管理人の自己紹介

FXブログ




<管理人 ヒロマサ>


昭和53年生まれ

サラリーマンをしています。


こちらで、音声の自己紹介を聞くことができます。
(クリックすると、音声が始まります。)




<趣味>


海外旅行(世界遺産めぐりをしたいです。)

ゴルフ

映画鑑賞

カフェめぐり




<2008年の目標>


安定して、FXで月30万円以上稼げるようになること。




<運営サイト、メルマガ>


FXブログFX初心者.com

⇒FX初心者のために、投資手法、FX用語、無料レポート、
 過去の外国為替レート、FX最新情報などを掲載しています。


FX初心者お金をガッツリ稼ぐ裏技集

⇒アフィリエイトで毎月数十万円、稼いでいる経過報告。
 アフィリエイトで得た収入は、FX投資にまわしています。


資産運用朝30分の資産構築術

⇒私が発行しているメルマガです。読者数は3,500人を超えました。
 FX、アフィリエイト、ネットビジネスで資産を構築する方法を
 惜しみなく公開しています。



こちらで、音声の自己紹介を聞くことができます。
(クリックすると、音声が始まります。)



★ブログランキングに参加しています。
こちらをクリックして、投票していただけるとうれしいです(^^)





<お問い合わせ>


・当サイトの感想、または「こんなコンテンツを追加して欲しい!」
などのご要望は随時受け付けております。

個人で運営しているサイトですので、少々お時間をいただく場合がありますが、
できる限り対応させていただきます。


お問い合わせは、お問い合わせフォームよりお願いいたします。



本文中に必ず「FX投資ブログについて」と明記してください。


複数のサイトを運営しているため、お問い合わせの内容がどのサイトに
関してのものなのか分かりかねる場合があります。



迅速に対応させていただきますので、ご協力をお願いいたします。







<利用規約と免責事項>


当ブログでは、下記の点につきましては保障をいたしかねますので
ご了承ください。


・当サイトの閲覧・利用における掲載情報の完全性、正確性、最新性、
適用性、有用性、安全性、合法性などいかなる保障も行いません。


・当サイトの閲覧利用やリンク先との間で生じた損害やトラブルに
ついても、一切責任を負いません。


・当サイトでは商品やサービスの仲介や媒介は行っておりません。



以上のことをご承知の上、閲覧いただきますよう
よろしくお願いいたします。
タグ:FXブログ


トラリピの口座開設
【当ブログ限定】最大10,000円分のキャッシュバックキャンペーン中!
こちらから口座開設して、お得な特典をゲットしてください。


タイアップキャンペーン
ローリスクなスキャルピング手法の動画解説プレゼント!詳細はこちら>>

こちらのトラリピ専門サイトには、これからトラリピを
スタートされる方向けに、動画解説を順次アップしています。

お時間のあるときに、ぜひ目を通してみて下さい。

普通に文章を見るよりも、分かりやすいと思いますので。


<みんなが見ている記事>
FXで順調に稼いでいる人の特徴
トラリピが可能にする理想的な生活
FXで月10万円の副収入を達成するために
300万円が570万円に増えた!トラリピ+裁量戦略
なぜ富裕層はM2Jのトラリピを選ぶのか?

退職金と年金だけでは、老後の生活は破綻する?
自動トラリピと手動トラリピの使い分けで利益最大化
FXで勝ち続けられる人の特徴
年収5.3倍の原点


■これからトラリピを始める方へ

M2J社に口座開設をすることで、 トラリピをスタートすることができます。

また西山孝四郎さんなどの有益なレポートを
無料で見ることもできます。

下記の「キャンペーン専用URL」からM2J社の口座開設を
申し込むと、お得な特典がついてきます。

<特典>
最大10,000円分のキャッシュバック!

<期間>
2016年6月15日〜2016年9月30日まで

★キャンペーン専用URL
http://cl-sc.net/mailclick/c/03549.html

まだ未経験の方は、ぜひこの機会に、
トラリピライフをスタートしてください!!


■キャンペーン応募は行いましたか?

当ブログ経由でトラリピの口座開設をされた方へ。

口座開設完了後、ご利用いただけるマイページにログインし、
キャンペーンにエントリーしてください。


キャンペーンにエントリーしないと、
せっかくのギフト券を手に入れる権利を得られませんから
注意して下さい。



」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

勝ち組投資マニュアル実践会で稼ぐ力を身につける

あなたの資産を加速的に増やす新サービスのご案内

トラリピの始め方【図解】

★10月に4回目の増刷が決定しました。
『朝30分!会社勤めをしながら稼ぐ 私のFX投資法』

銀行より安全な金融機関で、外貨預金を始める!

500円を積み重ねる資産運用【資金10万円編】

500円を積み重ねる資産運用【資金30万円編】

経営基盤が強固なFX会社 ベスト5

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

新たな稼ぐ実践会募集開始!

会社勤めをしながら資産を増やす方法

管理人への連絡先

お問い合わせは24時間受付中です。

月利3〜5%で資産を増やすFX手法

月利3〜5%で資産を増やすFX手法

安心して取引できるFX会社を選ぼう!

マネースクウェアジャパン(M2J)のトラップリピートイフダンの口座開設はこちら 第1位 マネースクウェア・ジャパン(M2J)
  • トラップリピートイフダンで安心の長期運用
  • 感情に左右されず、トレードできる!
  • 仕事中でも寝ている間も、自動で注文できる!
【当ブログ限定】最大10,000円分のキャッシュバック!キャンペーン詳細はこちら>>
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ 第2位 FXブロードネット
  • 業界最高水準の高スワップを提供!
  • 米ドル円スプレッド0.3円は業界最狭
  • 専用のiPhoneアプリで取引可能
10,000円キャッシュバックキャンペーン詳細はこちら>>
5千円から始めるFX投資。FX専業初の上場企業マネーパートナーズ 第3位 マネーパートナーズ
  • 約定力 FX業界No.1
  • スリッページなし
  • 高性能取引ツール「HYPER SPEED」
5,000円プレゼント、キャンペーン実施中!>>
マネックスFXは東証一部上場マネックスグループのFX専業会社で安定感があります。 第4位 マネックスFX
  • 1000通貨取引可能!
    もちろんネット手数料無料
  • 資本金総額 FX業界No.1
  • 専任スタッフによる、24時間サポート体制!
  • 東証一部上場の安定した経営基盤!
FX入門書をプレゼント中!>>
ひまわり証券の自動売買ツールはエコトレFX 第5位 ひまわり証券【マージンFX】
  • 約定率100%でシステム安定度No.1
  • エコトレFXで選ぶだけの簡単取引
  • 世界最高水準のトレードシグナル搭載
5,000円プレゼントキャンペーン実施中!>>

FX会社の口座開設や口座管理費などはすべて0円です。
勧誘の電話なども一切ありませんから、ご安心ください。

私は始めて口座開設をするとき、一度に3社ほど申込みをしました。
複数の会社を使い比べて、一番使いやすい会社を選びたかったからです。
チャートの使いやすさ、情報提供、サポートの充実度など、
実際に使い比べてみると、違いがハッキリ分かるのでオススメです。