米ドル円(USD/JPY)為替見通し FX投資ブログ※FX初心者がお給料以外に月収30万計画

月利3〜5%で資産を増やすFX手法

月利3〜5%で資産を増やすFX手法

新たな稼ぐ実践会募集開始!

会社勤めをしながら資産を増やす方法
2016年05月18日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※買いシグナル点灯で110.8円を目指すか

ツイッターで資産運用、健康情報をつぶやいています。

本日の日経平均は割と上下動の激しい展開となり
寄り付きとほぼ同水準で引けました。

16800円付近では上値を抑えられやすくなっていますね。

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
5/17の終値で買いシグナルが点灯しました。

第1ターゲットは110.8円が算出されています。

昨夜は好調な米経済指標を背景に、再び利上げ期待が高まり
109.65円までドル買いが進みました。

原油高も好感されています。

本日も109.6円まで上昇する場面があり、
現在も高値圏で推移しています。

下値は108.7円でサポートされており、
底堅くなっていることが分ります。

専門家の見方では、110円を超えるには強いドル買いの材料が
出てくる必要があるとのこと。

僕もそう感じています。

もし再度円高が進んだとしても、5/3につけた105.5円が意識され
サポートされやすいでしょう。

最近つけた価格は参加者がしっかり覚えていますから、
心理的にもサポート、レジスタンスとして強く機能しやすい
傾向があります。

上値はGW前につけた111.8円付近が意識されやすそうです。

今夜は米FOMC議事録の公開が予定されており、
早期利上げ期待を高める内容が含まれていれば、
ドル買いが出る、少なくとも米ドル円の下値が固くなる
のではないでしょうか。

ただどちらかというとハト派色が強く、
ドル買いにつながる内容は出てこない可能性が
高いとみています。

今夜23:30に発表される米週間原油在庫の数字には
注目しています。

前回「-341.0万バレル」と在庫が急激に減少しており、
資源国通貨に買いが入りました。

今回も在庫圧縮が期待されていますが、
果たしてどうなることやら。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2016年04月28日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※円高に逆戻り!105円はあっさり到達か

ツイッターで資産運用、健康情報をつぶやいています。

本日の日経平均は624円安で引けました。

午前と午後ではまったく景色が変わってしまいましたね〜

注目度の高かった日銀の金融政策発表では、
市場の期待が裏切られ「現状維持」となりました。

米ドル円は111.9円付近から107.9円付近まで
実に4円も円高が進みました。

こんな動きはなかなか見れるものではありません。

チャートを見ると一直線で下落しています。

戻りは鈍く、108円台前半で推移しています。

発端は4月22日に「日銀から金融機関に貸し出すお金に対してもマイナス金利を
適用する」というブルームバーグ記者の観測報道でした。

この報道を受けて日経平均と米ドル円は急騰。

同時にETF買い入れの大幅拡大観測のレポートも数多く出てきて、
会合前に緩和期待のハードルがかなり上がっていました。

黒田総裁の会見では、
「観測報道にあった貸し出しへのマイナス金利付与、議論していない」
とのことでこれが本当なら、いい迷惑だったのでしょう。

日銀が市場を混乱させたわけではなく、
混乱させたのはブルームバーグだということになりますね。

「金融政策に限界あると考えていない」
「毎回の会合で政策点検して必要なら3次元で緩和講じる」

という発言からは、追加緩和の可能性も読み取れます。

しかし持ち球が限られていることから、追加緩和を行うのであれば
効果の高い場面で出す必要があるでしょう。

西山さんのレポートには
「今回動かなかった日銀(財務省)としては、安倍首相にはしごをはずされて
しまった意趣返しもあるのだろう。消費増税のために行った<バズーカ2>を、
増税延期という形で返されたからだ。

今回の現状維持は、「安倍首相が消費増税を確約しない限り、無駄打ちとなる
緩和はおこなわない」というメッセージもあるのではないか、という見方も多い。」

とありました。

確かに今回市場の期待を満たすような緩和策を発表したとしても、
効果は一時的との見方が多かったです。

僕も112円後半から113円台では戻り売りを仕掛けようと
考えていたところです。

ドル高トレンドはいつやってくるのでしょうか?

アメリカはいつから利上げを再開するのでしょうか?

世界的な景気の長期停滞の中、借金漬けの新興国にとってドル高は深刻な問題で、
ドル高による米国への資金還流により新興国は窮地に陥る可能性があるとのこと。

つまり、日本以外はドル安賛成なのですね。

日本だけが円高、株安で苦しんでいるという状況。

ばかみたいですが、どうにもなりませんね。

日本単独の為替介入なんかやったところで、
焼け石に水でしょうし。

明日から連休スタートで、日本市場は長い休みに入ります。

日本勢不在の間に、海外投機筋が円高を仕掛けてくる可能性は
高いかもしれません。

「そろそろ反発するだろう」といって、安易にロングしてはいけません。

確かに値ごろ感からすると、今は安く買えると思ってしまいます。

でも値ごろ感で買ったり売ったりするのはリスクが高い状況です。

ストップを置いておけば損失は限定できますが。

米ドル円は円高方向への動きに注意したいところ。

ドル安が容認されているということなら、
ドルストレートのロングは有望かもしれません。

EUR/USD、GBP/USD、NZD/USDあたりは底堅く推移しています。

個人的にはドルストレートのロングのほうがやりやすいので、
こちらがメインになるでしょう。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2016年04月25日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※第2ターゲット111.79円にも到達、一旦調整か

ツイッターで資産運用、健康情報をつぶやいています。

今週はFOMC、日銀会合が予定されています。

日銀会合のほうが注目度が高く、さまざまな思惑が交錯し、
値動きも激しくなるかもしれません。

日銀の緩和内容としては、ETFの増額が見込まれている模様。

その額は10兆円ともいわれています。

本日のブルームバーグの記事にありましたが、
黒田総裁になってからETFの累計保有額は推定8兆円を超え、
日経平均株価を構成する9割の企業で実質的な大株主になったとのこと。

国内に上場する日本株ETF全体の55%を買い占めているようです。

明らかな官製相場で、異常な状況であることは明白です。

買ったものはいずれ売る時期が来ると思いますが、
日銀は出口を見据えているのか?

ETFの大量買いは「禁じ手」とも言われています。

将来に禍根を残すような選択を継続していけば、
いずれ大きなツケが回ってくるでしょう。

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
4/20に買いシグナルが点灯していました。

第1ターゲットの110.59円は4/22に到達しました。

第2ターゲットの111.79円も4/22に到達した形になります。

本日は急速に進んだ円売りの調整が入っており、
軟調な値動きとなっています。

月末が接近するなか、国内輸出企業の円買い・ドル売りが観測された
との指摘もあります。

110.90円から下の水準には断続的に買いオーダーが観測されているようで
サポートされやすいかもしれません。

4/22に2.5円ほど円安が進みましたので、
ざっくりと半値戻しの110.60円付近では下げ止まりやすいと
目途をつけています。

111円割れからは、押し目買いも多くなるのではないかと
予測しています。

株価や原油価格の動向にも左右されるかもしれません。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2016年04月22日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※第1ターゲット110.59円に到達、さらに上値を伸ばすか

ツイッターで資産運用、健康情報をつぶやいています。

「日銀は金融機関に対する貸し出しにも
マイナス金利を適用することを検討している」

との報道を受けて、一気に株高、円安に傾きました。

日経平均は4日続伸となり、2/3以来の17500円台乗せとなりました。

昨夜のビッグイベントであるECB政策金利、
ドラギ総裁会見を乗り切りホッとしていたところ、
市場の関心はすでに来週の日銀会合へと移っているようです。

何かしらの追加緩和が発表されるという期待が
高まっていたところへ本日の報道。

狙った感がある気もしないではないですが、
市場の反応を見れたという点は、日銀関係者にとって
よかったのかもしれません。

緩和内容としては、ETFの増額が見込まれている模様。

その額は10兆円ともいわれています。

この内容で発表されたとしても、円安効果は一時的と
予想する声も多いです。

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
4/20に買いシグナルが点灯していました。

第1ターゲットの110.59円は本日到達した形になります。

第2ターゲットは111.79円が算出されています。

110円のラインはなかなか超えられないだろうと
予想していましたが、報道であっさり超えてきましたね〜

ストップもかなり巻き込んだと想像します。

ある意味来週の日銀会合への注目度の高さが伺えます。

追加緩和が発表されれば、一時的に大きく円安に
傾く可能性が高いでしょう。

米ドル円の上昇により、クロス円も高値更新の
動きになるかもしれません。

今夜は底堅く推移しそうです。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2016年04月14日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※110円付近での戻り売り戦略を考える

ツイッターで資産運用、健康情報をつぶやいています。

日本株は買われて、529円高の大商いとなりました。

昨夜のNY市場のいい流れを引き継いで
買いが先行した流れです。

昨日発表された米小売売上高、米生産者物価指数ですが、
予想は下回ったものの、コアでは堅調さも読み取れたため、
米ドル売りは一時的で、すぐに戻しました。

菅官房長官より
「為替の一方に偏った動きには、警戒感を持って対応」
との発言がありました。

この発言で為替は反応せず無風でした。

単独介入は難しく、協調介入しかできない状況と
市場参加者は認識していますからね。

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
シグナルは点灯していません。

どこまで戻してくるかが焦点となっています。

フィボナッチでみてみると、3/29の高値から4/11の安値まで
6.13円動きました。

戻しの水準としては

38.2% 109.98円
50.0% 110.71円
61.8% 111.42円

が意識されるかもしれません。

また本日のピボットでは

ターニングポイント  110.57
レジスタンス2     109.99
レジスタンス1     109.67
キー(ピボット)     109.09
サポート1        108.77
サポート2        108.19
ターニングポイント    107.87

となっています。

109円台後半から110円の水準で上値が抑えられる
可能性がありそうです。

円高局面が終わったと判断するのは早いでしょう。

短期的に利益を狙うなら、109円台後半から110円の水準で
ショートするという戦略が考えられます。

ストップを置けば、リスクを限定しながら
攻めることができるでしょう。

ターニングポイントの110.57円付近にストップを置いておけば
ひとまずよさそうです。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2016年04月08日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※円高緩和は一時的?戻り売りのチャンスに備える

ツイッターで資産運用、健康情報をつぶやいています。

昨日の欧米株は下げ基調となりました。

リスクオフが意識され、債券が買われました。

NY序盤に発表された米新規失業保険申請件数は26.7万件と、
市場予想の27.0万件や前週の27.6万件よりも改善。

堅調な雇用を示す結果だったのですが、
反応薄でしたね〜

テーマは「円買い」一辺倒でしたから。

米ドル円は一時107.7円付近まで円高が進み、
今朝は109円まで戻してきています。

まだ円高圧力は強いままですから
戻りを丁寧に売っていく戦略がいいかと思います。

テクニカル的に2011年安値75.31円から昨年高値125.86円の
38.2%押し106円半ばや、節目となる105円まで下押しする可能性も
あるとのことです。

イエレンFRB議長 の発言がありました。

「昨年12月の利上げは間違いではなかった」
「先行きの利上げは正当化される、ペースは依然緩やかを想定」

無難な内容にとどまっています。

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
4/5の終値で売りシグナルが点灯していました。

第1ターゲットの110.49円は4/5のうちに到達した形になります。

第2ターゲットの109.59円は4/6に到達しましたね。

今週中に107.7円まで円高が進むとは想定しておらず、
チャンスを逃してしまったのが悔やまれます。

今週は4円以上、円高が進みました。

110円を割れても介入が入らないだろうという思惑で、
下値をトライする動きとなりました。

売りシグナルが点灯し、売りトレンドも確認でき
ショートするいい条件が整っていました。

なのになぜ、ショートでエントリーしなかったのか?

値ごろ感が邪魔をしました。

「そこまで下げないだろう」
「そろそろ反発するだろう」

円買いの巻き返しによる反発も警戒しました。

でもストップを置いておけば、損失を限定でき、
リスクは抑えられたはず。

久しぶりのチャンスだったのに、反省点が多いです。

今週はリスクの低そうなEUR/USDの押し目買いを中心に
トレードしています。

うまくいっていて、ある程度の利益も確保できました。

週末ということもあり、ポジション解消の動きも
広がっているようです。

今日は無理をせず、欧州〜NYタイムの動きを
注視していく予定です。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2016年04月06日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※短期的には109.59円を目指す展開か?

ツイッターで資産運用、健康情報をつぶやいています。

本日の日経平均は落ち着いており、
小幅な値動きにとどまりました。

今晩の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録公表を控え、
昨日までの円高も小休止しています。

クウェートのフザイア石油輸出国(OPEC)理事は、
イラン抜きでも産油量を1月の水準に据え置く合意は可能という
見解を示唆したことで、原油価格は持ち直し、
資源国通貨はやや強含んでいます。

米ドル円は昨日安値である109.95円を試すムードは
ありませんでした。

一時110.6円付近まで反発してきましたが、
これ以上上昇するための材料がありません。

目線は依然、円高方向に向いているといえるでしょう。

菅官房長官 より

「為替市場は緊張感を持って注視」
「必要に応じて適切に対応」

との発言が飛び出しました。

円高けん制発言と扱ってもいいかもしれません。

どこまで下値をサポートできるかは疑問ですが。

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
4/5の終値で売りシグナルが点灯しました。

第1ターゲットの110.49円は昨日のうちに到達した形になります。

第2ターゲットは109.59円が算出されています。

3/17に算出された107.21円のターゲットも
まだ生きていますね。

4/27のFOMC、4/28の日銀会合までは少なくとも
下値をトライする展開が続くのではないでしょうか。

円高は輸出企業の株価を下げる原因になるため、
7月に参院選を控えていることもあり、
政府は円高進行を食い止めたいところだと思います。

今後、口先介入が頻繁に出てくるかもしれません。

現在メインで取引しているユーロドルの動きが
乏しくなっています。

米ドル円に注目が集まっていることも原因の1つでしょう。

今晩のFOMC議事録公表が値動きの材料となるのか
注目したいところです。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2016年03月28日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※7営業日連続の陽線は今年初。市場センチメントに変化あり?

ツイッターで資産運用、健康情報をつぶやいています。

3/23のブログで
「日足では昨日の終値で-1σの内側に入ってきたため、
売りトレンドは一旦終了と判断できます。」

と書きました。

ショートポジションを保有していましたが
損切りを行いました。

3/16にFOMCメンバーが示した四半期ごとの「経済・金利見通し」での
予測を振り返ってみましょう

2016年末時点のFF金利誘導目標は中央値で0.875%となり、
これは前回の1.375%から50bp(ベーシスポイント)引き下げられた
ことになります。

これにより市場は、「年内2回の利上げ」を織込むことになりました。

しかも、イエレン議長が定例記者会見で「リスク」について強調した
こともあり、「できてもせいぜい2回の利上げ」とという認識が
広がりました。

3/17には110.7円付近まで円高が進み、
そのまま円高が加速する可能性も出ていました。

しかし、先週から相次いでタカ派的な発言が飛び出しています。

■3月21日(月)
FOMCメンバーの中では中立的存在のロックハート米アトランタ連銀総裁が、
「利上げは早ければ4月FOMCで正当化される」との見解を表明

■3月22日(火)
ハト派で知られているエバンズ米シカゴ連銀総裁が
「2016年2回の利上げはまったく不合理ではない」と発言

FOMCのハト派といえば、「年内利上げなどもってのほか」との
立場、認識だったはず。

そのハト派からこういった発言が飛び出すという事実は、
「何らかの意図を感じざるを得ない」という識者も多いです。

これら一連の発言から、「できてもせいぜい2回の利上げ」から
「最低でも2回の利上げ」に変化しつつあると言ってもいいでしょう。

値動きを見てみると、3/18から7営業日連続で
陽線が続いています。

小幅な上昇とはいえ、7営業日連続での上昇は
今年初めてのことです。

まだ110円台〜114円台のレンジにとどまっているわけですが、
レンジブレイクのきっかけは要人発言になるかもしれません。

今後も注意が必要でしょう。

勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
3/16の売りシグナルがまだ生きている状態です。

先週の要人発言により、110円台のサポート帯が
強固になりつつあるといえるかもしれません。

4/1には米雇用統計が控えています。

月末、および期末のフローもありますから、
ダマシ的な動きも多くなるでしょう。

エンベロープ売買では、ストップを置きつつ
戻り売りを狙ってみようかと考えています。

少額でリスクを抑えてですが。

市場のセンチメントとの変化については
引き続き敏感になっておきたいところです。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2016年03月23日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※円高トレンド一旦終了か?ショートポジは損切り

ツイッターで資産運用、健康情報をつぶやいています。

久しぶりに米ドル円の為替見通しについて。

円高圧力が弱まってきているように感じられます。

日足では昨日の終値で-1σの内側に入ってきたため、
売りトレンドは一旦終了と判断できます。

ショートポジションを保有していましたが
本日損切りしました。

勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
3/16の終値で売りシグナルが点灯していました。

2倍枠チャートで、ターゲットは107.21円が算出されています。

ちょうど売りシグナルが点灯した水準、
112.6円付近が抵抗帯として意識されていましたが、
本日上抜けようかという動きになっていますね。

買いシグナルが点灯するのは113.8円あたりですから、
まだ売りシグナルは生きています。

米地区連銀総裁のタカ派発言が続いているようですが、
ドル円をサポートするには力不足かと思います。

113円台までは回復するかもしれませんが、
それ以上になると今は材料不足かな〜

いずれ頭を押さえつけられるように、
円高方向に戻される可能性が高いかもしれません。

下方向は2回ほどサポート帯として機能した
110.6円付近が意識されます。

7月の参院選に向けて「円高→企業業績悪化→株安」という
負のスパイラルは避けたい状況。

円高局面では口先介入なども出てくるでしょう。

米ドル円は狭いレンジで推移しそうなので、
サポート帯、抵抗帯付近での逆張り的なトレードは
うまくいきやすいかもしれません。

必ずストップを置かなければいけませんが。

実践会の皆さんにはお伝えしましたが、
最近損切りの重要性を再確認しています。

推薦書の利食いと損切りのテクニック
ぜひ参考にしていただきたいです。

2%ルールと6%ルールはプロが採用しているものですから、
参考にしたり取り入れるといいでしょう。

ルールを決め、実践し、自分に合うようカスタマイズする。

利益を残すためには、このサイクルの繰り返しです。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2016年02月12日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※まだ円高トレンドは終わっていない、安易にロングしない

ツイッターで資産運用、健康情報をつぶやいています。

米ドル円は急ピッチで円高方向に動いています。

昨夜は一時的に110円台を記録しました。

午後に黒田総裁、浅川財務官が首相官邸で安部首相と
会談を実施したとの報道を受け、ドル円・クロス円は
瞬間的に上昇。

米ドル円は一時113.02円まで戻しました。

結局介入などは実施されなかったため、
112円台にあっさりと戻されている状況です。

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
2/4の終値で売りシグナルが点灯していました。

2倍枠チャートで、ターゲットは112.74円が算出されています。

時間がかかるかと思われましたが、
昨夜無事到達しました。

日足の標準偏差が上向きで、ローソク足が-2σに
ぴったりと張り付いています。

昨夜の111円割れで、長いひげが出ていることから、
ある程度行くところまで行った、という印象も受けます。

ただ円高トレンドは継続中とチャートが示してしていますから、
ロングはトレンドが終了するまで待つ必要があるでしょう。

次のシグナル待ちですから、様子見してチャンスを
うかがいたいところです。

2月に入り、わずか2週間で10円以上も円高が進んでいます。

「○○ショック」と名前がついてもおかしくない動きですよ。

1日の高低差も広がっていますから、徐々に動きが落ち着いて
レンジ相場に移行することを期待したいです。

やはり売り(ショート)の動きは速いです。

長い時間をかけて積み上がった買い(ロング)ポジションを、
あっという間に帳消しにします。

「恐怖」という心理が強く影響しているからでしょう。

多くの成功したトレーダーは、ショートが得意だと
聞いたことがあります。

一般人が恐怖でフリーズしているときに、
冷静に淡々とトレンドに乗って利益を上げられるのが
プロなのでしょう。

まだ分析に自信が持てない自分がいます。

練習を積むしかありませんね。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2016年02月09日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※円高圧力強し、112円台を目指すか

ツイッターで資産運用、健康情報をつぶやいています。

今日は雪が降り続いてかなり積もりました。

こんな日は外出せず、家の中でゆったりしたいものです。

日経平均は大幅に売り注文が入り、
862円安と激しく下落しました。

ちょっとボラティリティが広がり過ぎなのでは?

最近のリスクオフ地合いは米利上げペースの鈍化懸念や原油安、
欧州金融機関の経営不安などといった、複数の要因が重なって
形成されているとかんがえられています。

「これ」といった明確な材料が主導している状態ではないので、
見通しが定まらない中、引き続き不安定な動きになりそうです。

何の根拠もなく、値ごろ感で買ったり売ったりしていると
負け戦になる可能性が高い。

しっかり根拠のあるトレードを続けていきたいところです。

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
2/4の終値で売りシグナルが点灯していました。

2倍枠チャートで、ターゲットは112.74円が算出されています。

少額で狙ってみますよ。

日足の標準偏差が上向きで、ローソク足が-1σの外に
出ています。

売りトレンド発生のサインが出ていますので、
攻めるならショートでしょう。

114円台前半をつけたあと、115円台半ばに戻しています。

戻り売りが無難かもしれません。

予想外の動きも想定して、ストップは必ず置きたいところ。

利益確定にしろ、損切りにしろ、出口が明確に決まっていれば
精神的に落ち着いていられます。

精神の安定こそ、成績の安定につながるのです。

トレードの成績と内面は強い相関関係にあります。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2016年01月22日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※下げ止まり、119円台を目指す可能性が出てきた

ツイッターで資産運用、健康情報をつぶやいています。

今日は気温が上がって、雪が解けてくれて大助かり。

週末の寒波再来に備えて、屋根の雪を少し降ろしました。

本日の日経平均は大幅に買い注文が入り、
941円高と大商いとなりました。

昨夜のドラギ総裁の発言で、追加緩和期待が
高まったことが大きいです。

欧州株式市場も、買いの流れを引き継いでいます。

これまでの円高の流れは一旦終了し、
調整局面に移行する可能性が高くなってきました。

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
終値で117.7円を越えてくると買いシグナルが点灯します。

その場合、ターゲットは119.5円あたりが算出されます。

2倍枠で買いシグナルが点灯した場合は、
121円台のターゲットが算出されます。

ストップ水準が浅目なので、裁量で積極的にエントリーしてみます。

来週以降、トラリピの買いポジションを
一部損切りするかもしれません。

流れがリスクオンに傾いていくかどうかは、
来週以降の動きを見る必要がありそうです。

年明けから一気に円高方向に動きましたから、
割としっかりした反発も期待できそうです。

ADXや標準偏差を見ても、トレンドが終了したことを
示しています。

他の通貨ペアにおいても、買いのシグナルに対しては
積極的にエントリーしたいですね。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2016年01月17日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※ダブルループでさらに円高が進む?

ツイッターで資産運用、健康情報をつぶやいています。

明日から大寒波がやってくるようです。

なるべく家から出ず、家にこもっている予定です。

1/15の米経済指標で悪い部分に反応して、
ドル売りが進みました。

米ドル円は終値で117円を割り込んでいます。

クロス円も軒並み円高が進みました。

26日標準偏差を見てください。

西山孝四郎さんの言う「ダブルループ」という現象が
発生するかもしれません。

ピークアウトしそうなところから、
さらに上昇していくという現象です。

このケースでは、大相場に発展する可能性があるのだとか。

あす以降、標準偏差がどういう形状をしていくか
注意深く見ていく必要があります。

今のところ、ファンダメンタルズ通りに相場は
動いていません。

トレーダーの不安心理とパニックで動いているという、
不安定な状況です。

いい材料には反応せず、何でも悪い材料に反応していることからも
分るのではないでしょうか。

気をつけなければいけないのは、買い戻しもドーンとくる
可能性があるということです。

あまりチャートを見ている時間がないのであれば、
ほどほどのところで指値の決済注文を入れておいて、
手仕舞いしたほうがいいかもしれません。

今からショートで参入する場合は、
必ずストップを置いておきましょう。

そうしないと大きくやられてしまう可能性もあります。

何がきっかけでトレンドが転換するか読めません。

客観的に価格情報を分析して、
冷静に判断していくしかないです。

勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートで売りシグナルが
点灯している間は、素直についていくこと。

ニュースに振り回されないようにしたいものです。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2016年01月15日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※20か月移動平均線の攻防に注目

ツイッターで資産運用、健康情報をつぶやいています。

株も為替も値動きが激しくなっています。

西山孝四郎さんのレポートによると、株式市場では、
「サウジアラビア、UAE、カタール、クウェート、イラン、イラク、
ベネズエラ、ロシア、インドネシア、ブルネイ等が財政赤字を
埋めるために株式運用を縮小している」と噂されているとのこと。

ここまで原油安が進むと、さすがに財政も逼迫するのでしょう。

12月のアメリカ利上げによって、
引き締めサイクルの第一歩を踏み出し、
運用者の間で戦略が分れています。

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
次のシグナル待ちの状況です。

チャートを見る限り、円高トレンドは終わっていません。

何らかの材料で再び円高が加速することも
十分考えられます。

プロの運用者の間では、20か月移動平均線に
注目が集まっています。

2016年1月14日現在の20か月移動平均線は116円91銭。

20か月移動平均線を月足の終値で割り込むと、
投機筋が円買いを仕掛けてくる可能性があるとのこと。

十分注意しておいたほうがいいでしょう。

もし割ってきたら、トラリピのロングポジションは
損切りするかもしれません。

資金効率を考えると、一旦損切りして、
売りトレンドに乗ったほうが結果的に
利益が残ると考えているからです。

もう少し対応を考えます。

株安、円高が進めば、当然日銀の追加緩和を期待する
ムードが高まっていきます。

ただ、追加緩和の効果はどこまであるのかという
疑問は残りますね。

中途半端なことをすると、戻り売りのチャンスを提供して
終わりということにもなりかねません。

今の株安、円高局面は一過性のものではないかもしれません。

何となく重いムードが漂っています。

円高の材料が出尽くすまでは、安易な買いは
控えたほうがいいでしょう。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2016年01月11日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※どこまで円高が進むのか?

ツイッターで資産運用、健康情報をつぶやいています。

今朝の寄り付きで、NZドル円ショートの決済指値(76.7円)が
約定(利益確定)していました。

79.7円のポジションでしたから、約3円分とることができました。

ADXと標準偏差が売りトレンド継続を示唆していたので、
第2ターゲットまで待ってよかったです。

そのほかの通貨ペアでも、年初からの売りトレンドに乗ったら、
かなりの利益を得ることができたと思います。

特にポンド円の下げはすさまじいですから、
このチャンスをものにした方はウハウハですね(^o^)

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
ターゲットに到達してしまったので、次のシグナル待ちの状況です。

「どこまで円高が進むのか?」と不安になっている方は
かなり多いでしょう。

シカゴIMM通貨先物ポジション推移を見ると、
円ショートが急速に減ってきています。

景気先行指標であるNYダウが下がり続けていますし、
まだまだリスクオフムードは緩まないかもしれません。

専門家の間でも、
「最大105円付近まで円高が進みそう」
「アメリカの利上げが続けば、130円台回復もある」

など見解が分かれており、混乱の要因になっています。

いくらまで円高になる、円安になるという見通しは
重要ではないと考えています。

それよりも客観的な秘伝チャートのシグナルに従って、
淡々とトレードするのが一番大切です。

アナリストは自分がポジション持っていなくて、
ものを言う人がほとんどです。

つまり無責任な発言をする人が多いのです。

当たっても外れても、自分はリスクを負っていないのですから。

最終的には自分を信じて、チャートで客観的に
分析していくことが大切になります。

買いトレンドにしろ、売りトレンドにしろ、
その時々のトレンドにうまく乗っていくことに
エネルギーを費やしましょう。

頭で考えていると、不安や恐怖は独り歩きして
さらに増幅していきます。

含み損を抱えているからといってチャートを見続けても
何の解決策にもなりません。

最近ツイッターでつぶやいていますが、
おすすめは「瞑想」です。

パソコンでいう「デフラグ」と同じ効果があり、
頭の中を整理して、「直感」を働かせることができます。

「トレードと瞑想に何の関係があるんだよ?」と
思うかもしれません。

実はあるんです。

冷静な思考、判断ができないと、トレードでは勝てません。

冷静な思考、判断力を保つために有効なのが
「瞑想」というわけです。

2016年は「瞑想」をテーマの1つとして掲げています。

トレードの成績にどう影響するのか
分析してみたいのです。

おそらく判断力、直感、創造力が強化されて、
あらゆる面でメリットがあるでしょう。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2015年12月25日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※売りシグナル点灯で119割れもある?

収入源を増やす3つの秘訣を配信しましたので、
時間のあるときに目を通しておいてください。

この時期になっても雪が降らず、
クリスマスムードが全くたかまりません・・・

今年は異常とも思えるほどの暖かさです。

雪国に住む人間としては、雪かきの重労働がないので
助かるんですけどね〜

地球環境のことを心配してしまいます。

年末にかけて値動きが乏しくなっています。
そしてジワジワと円高方向に動いています。

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
12/24の終値で売りシグナルが点灯しました。

第1ターゲットは119.93円、第2ターゲットは119.03円が
それぞれ算出されています。

ちなみに、だんご計算で算出しました。

12/9の120.18円のターゲットは時間はかかりましたが、
本日到達した形になります。

ショートで攻めていた方は、一旦利益確定しても
いいと思います。

12/9の第2ターゲット118.98円と、昨日の119.03円は
非常に近い価格となっています。

もう少し、119円付近までは円高余地があると
考えておけばいいでしょう。

ロングで攻めるなら、119円付近に指値の買い注文を
入れておく戦略が考えられます。

年内のトレードは終わりにするというのも
ぜんぜんアリですね。

僕も基本的にトレードはお休みモードに入っていますから。

12月は個人的に難しい相場でした。

もう少し利益を出したかったですが、受け入れます。

ユーロドルの含み損は相変わらず残ったまま。

動きが出てくるのは年明けからかもしれませんね。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2015年12月10日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※売りシグナル点灯で円高加速か?

収入源を増やす3つの秘訣を配信しましたので、
時間のあるときに目を通しておいてください。

本日の日経平均は254円下落しました。

リスクオフムードが続いています。

カナダドル円は昨夜無事ターゲットに到達しましたね〜

ショートで攻めていた方はおめでとうございます。

難しいチャート形状でしたが、
相場のムードが後押ししてくれましたね。

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
12/9の終値で売りシグナルが点灯しました。

第1ターゲットは120.18円、第2ターゲットは118.98円が
それぞれ算出されています。

狭い保ち合いをブレイクした形なので、
過去の経験から到達率は高いかもしれません。

昨夜は一気に121円付近まで円高が進みましたが、
本日は少し反発しています。

もう一段の円高を考慮しながら、ショートや押し目買いを
進めていく必要があります。

今のところ、ショートで攻めることは考えていません。

120.18円付近に押し目買いの指値注文を入れています。

第2ターゲットまで円高が進むかもしれませんが、
その場合は成行で買うかもしれません。

短期的に円高に進むことはあると思いますが、
いずれドル高に戻るというのがメインシナリオです。

値動きはコントロールできません。

できるのはポジショニングとリスク管理のみ。

含み損を抱えていますが、冷静に対処したい場面です。

不安なときほど、感覚的、衝動的なトレードは控えるべき。

傷口を広げることになってしまいます。

チャートから客観的な見通しを持って
対処する必要があるでしょう。

損失を出した場合も、すぐに取り返そうとしないこと!

冷静さを欠いたトレードは、必ず失敗します。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2015年12月08日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※買いシグナル点灯で125.32円を目指す?

収入源を増やす3つの秘訣を配信しましたので、
時間のあるときに目を通しておいてください。

本日の日経平均は200円超下落しました。

原油安による経済への悪影響が懸念され
リスクオフムードとなっています。

資源国通貨である豪ドル、カナダドルも
大幅に下落しています。

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
12/7の終値で買いシグナルが点灯しました。

ターゲットは125.32円が算出されています。

11/24の売りシグナルは「ダマシ」となりましたね。

終値で123.4円を越えてくると、2倍枠のチャートでも
買いシグナルが点灯するという状況です。

ストップ価格は122.4円付近。

上下どちらにブレイクしても2円以上動く
エネルギーが蓄積されています。

絶対に上方向にブレイクしてほしい!!

ストップを置いて、思い切って勝負に出たいところ。

原油安によるマイナス要因が意識されて、
雲行きの怪しさも感じられます。

今週末になれば、さすがにFOMCへと投資家の意識が
シフトしていくのではないでしょうか。

動きが読みにくい時ほど、チャート分析に基づいて
淡々とトレードするのが正解。

あまり難しく考えないようにしたいです。

ストップを置いて勝負するなら損失が限定されるので、
恐怖心は和らぎます。

M2J社の「ポケトラ」を活用して短期売買も継続する予定。

スマホで1時間足のエンベロープ±0.3%が簡単に表示できて便利です。

-0.3%で買って、+0.3%で売るというのが、
低ボラ相場では有効です。

そろそろ-0.3%に達しそうな価格帯なので、
買うタイミングをはかっています。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2015年11月26日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※売りシグナル点灯で121.41円を目指す?

新たな稼ぐ実践会の再募集開始!

日経平均は2万円乗せ目前となりました。

本日は米国が感謝祭の祝日で、株式・債券市場が休場となります。

市場参加者が少なく、流動性は極端に低下するため、
ボラティリティが大きくなる可能性もあるかもしれません。

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
11/24の終値で売りシグナルが点灯しました。

ターゲットは121.41円が算出されています。

昨日は122.2円台まで下げる場面がありました。

もう一段の下振れリスクに注意したいところです。

例え121円台になったとしても、押し目買いがありそうですから
すぐに反発する可能性が高いのではないでしょうか。

とりあえず121.5円に指値の買い注文を入れました。

いいタイミングで押し目買いをするのは難しいので、
あらかじめ指値注文を入れるやり方を好みます。

M2J社の「ポケトラ」を活用して短期売買も行っています。

スマホで1時間足のエンベロープ±0.3%が簡単に表示できて便利です。

-0.3%で買って、+0.3%で売るというのが、
低ボラ相場では有効そうです。

他のクロス円でも応用が利きます。

実践会のメンバーの方にお伝えしましたが、
FXは大きく稼げる可能性はありますが、
逆に大きく損をする可能性もあります。

なので稼ぐことよりも、まずはリスク管理を
徹底することが肝心です。

みんなお金を稼ぐためにFXをスタートします。

でも8割以上の人が結果的に負けて、
FXを辞めてしまうという現実。

理由は短期的に利益を求め過ぎて、
リスク管理ができなかったことが
原因ではないかと推測されます。

自分の投資スタイルが確立するまでは、
少額で練習することを徹底すべきです。

人のやり方を真似することがスタート地点ですが、
自分のものにするためにはある程度の年月が必要です。

一つのことを掘り下げたほうが強くなるし、
利益も出やすくなるでしょう。

いろんな手法に目移りしてばかりいるようではダメです。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)
2015年11月16日

米ドル円(USD/JPY)為替見通し※フランス同時テロ事件の影響は限定的、押し目買いを狙う

新たな稼ぐ実践会の再募集開始!

現時点では、フランスの同時テロ事件の影響は
為替市場にはそれほど現れていません。

日経平均は200円ほど下落しています。

2万円の大台回復へのハードルが高くなってしまいました。

米ドル円は勝ち組投資マニュアルの秘伝チャートを見ると、
それほど目立った動きはありません。

今朝の寄り付きで、122.2円付近まで下げましたが、
122.9円まで戻してきています。

1時間足のエンベロープ-0.3%で押し目買いをしていたら
+0.3%到達で利食いができていました。

M2J社を使っている方は、「ポケトラ」を活用しましょう。

スマホで1時間足のエンベロープ±0.3%が簡単に表示できて便利です。

西山孝四郎さんも絶賛している通り、
使い勝手がいいです。

「Bollinger Bands Trigger with STD(26)」ですが、
まだ買いトレンド継続中との見方です。

本日もまだ+1σのラインでローソク足が踏みとどまっています。

ただ26日標準偏差ボラティリティ、14日ADXともに
横ばいになりそうな状況になってきました。

先週のような動きが継続するようだと、
収益機会が乏しくなってしまいます。

秘伝チャートでシグナルが点灯しない以上、
トラリピや短期トレードで利益を狙うしかありません。

もしくは他の通貨ペアに目を転じて、
チャンスをうかがうかですね〜

今週は重要な経済指標の発表は
予定されていません。

18日の「FOMC議事録公表」がやや注目度が高いか。

米利上げ期待を背景に、12月半ばまではドル高を想定した
トレードで利益を狙っています。

普段はあまりやりませんが、あと1カ月は短期トレードも
組み込んでいく予定です。

トラリピは昨日、決済注文のみ残して、
新規注文はすべて取消しました。

今週どこかのタイミングで、また再開するつもりです。

2015年版の勝ち組投資マニュアル実践会参加方法はこちら→

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
毎日ポチッとしてもらうと、益々がんばれます(*^_^*)


トラリピの口座開設
【当ブログ限定】最大10,000円分のキャッシュバックキャンペーン中!
こちらから口座開設して、お得な特典をゲットしてください。


タイアップキャンペーン
ローリスクなスキャルピング手法の動画解説プレゼント!詳細はこちら>>

こちらのトラリピ専門サイトには、これからトラリピを
スタートされる方向けに、動画解説を順次アップしています。

お時間のあるときに、ぜひ目を通してみて下さい。

普通に文章を見るよりも、分かりやすいと思いますので。


<みんなが見ている記事>
FXで順調に稼いでいる人の特徴
トラリピが可能にする理想的な生活
FXで月10万円の副収入を達成するために
300万円が570万円に増えた!トラリピ+裁量戦略
なぜ富裕層はM2Jのトラリピを選ぶのか?

退職金と年金だけでは、老後の生活は破綻する?
自動トラリピと手動トラリピの使い分けで利益最大化
FXで勝ち続けられる人の特徴
年収5.3倍の原点


■これからトラリピを始める方へ

M2J社に口座開設をすることで、 トラリピをスタートすることができます。

また西山孝四郎さんなどの有益なレポートを
無料で見ることもできます。

下記の「キャンペーン専用URL」からM2J社の口座開設を
申し込むと、お得な特典がついてきます。

<特典>
最大10,000円分のキャッシュバック!

<期間>
2016年6月15日〜2016年9月30日まで

★キャンペーン専用URL
http://cl-sc.net/mailclick/c/03549.html

まだ未経験の方は、ぜひこの機会に、
トラリピライフをスタートしてください!!


■キャンペーン応募は行いましたか?

当ブログ経由でトラリピの口座開設をされた方へ。

口座開設完了後、ご利用いただけるマイページにログインし、
キャンペーンにエントリーしてください。


キャンペーンにエントリーしないと、
せっかくのギフト券を手に入れる権利を得られませんから
注意して下さい。



」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

勝ち組投資マニュアル実践会で稼ぐ力を身につける

あなたの資産を加速的に増やす新サービスのご案内

トラリピの始め方【図解】

★10月に4回目の増刷が決定しました。
『朝30分!会社勤めをしながら稼ぐ 私のFX投資法』

銀行より安全な金融機関で、外貨預金を始める!

500円を積み重ねる資産運用【資金10万円編】

500円を積み重ねる資産運用【資金30万円編】

経営基盤が強固なFX会社 ベスト5

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

新たな稼ぐ実践会募集開始!

会社勤めをしながら資産を増やす方法

管理人への連絡先

お問い合わせは24時間受付中です。

月利3〜5%で資産を増やすFX手法

月利3〜5%で資産を増やすFX手法

安心して取引できるFX会社を選ぼう!

マネースクウェアジャパン(M2J)のトラップリピートイフダンの口座開設はこちら 第1位 マネースクウェア・ジャパン(M2J)
  • トラップリピートイフダンで安心の長期運用
  • 感情に左右されず、トレードできる!
  • 仕事中でも寝ている間も、自動で注文できる!
【当ブログ限定】最大10,000円分のキャッシュバック!キャンペーン詳細はこちら>>
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ 第2位 FXブロードネット
  • 業界最高水準の高スワップを提供!
  • 米ドル円スプレッド0.3円は業界最狭
  • 専用のiPhoneアプリで取引可能
10,000円キャッシュバックキャンペーン詳細はこちら>>
5千円から始めるFX投資。FX専業初の上場企業マネーパートナーズ 第3位 マネーパートナーズ
  • 約定力 FX業界No.1
  • スリッページなし
  • 高性能取引ツール「HYPER SPEED」
5,000円プレゼント、キャンペーン実施中!>>
マネックスFXは東証一部上場マネックスグループのFX専業会社で安定感があります。 第4位 マネックスFX
  • 1000通貨取引可能!
    もちろんネット手数料無料
  • 資本金総額 FX業界No.1
  • 専任スタッフによる、24時間サポート体制!
  • 東証一部上場の安定した経営基盤!
FX入門書をプレゼント中!>>
ひまわり証券の自動売買ツールはエコトレFX 第5位 ひまわり証券【マージンFX】
  • 約定率100%でシステム安定度No.1
  • エコトレFXで選ぶだけの簡単取引
  • 世界最高水準のトレードシグナル搭載
5,000円プレゼントキャンペーン実施中!>>

FX会社の口座開設や口座管理費などはすべて0円です。
勧誘の電話なども一切ありませんから、ご安心ください。

私は始めて口座開設をするとき、一度に3社ほど申込みをしました。
複数の会社を使い比べて、一番使いやすい会社を選びたかったからです。
チャートの使いやすさ、情報提供、サポートの充実度など、
実際に使い比べてみると、違いがハッキリ分かるのでオススメです。